プリザーブドフラワーをもっと知ろう

プリザーブドフラワーで使用する土台とは

プリザーブドフラワーで使用する土台とは プリザーブドフラワーを作成する際に花材や道具はもちろん必要ですが、器等の土台も重要な道具になっていきます。
まず、この土台には様々な種類があります。
一般的な物が、四角や丸等の陶器の器です。
お誕生日や結婚式等のお祝い用として白やピンク等のシンプルな器や形がハート型や星型等の可愛い器でプリザーブドフラワーを作っていくことが多いです。
次によく見かけますのが、木のかごです。
木のかごで作る場合は、ナチュラルでシンプルな作品を作るのにとても適しています。
そして、リース型の物は、クリスマスのクリスマスリースや、最近では秋にあるハロウィン仕様のリース等も作られています。
今では100円均一等でも手軽に購入できますので、自分で花材を購入し、ハサミやワイヤーやグルー等の道具があればご自宅でも作る事ができます。
また、ネットでもプリザーブドフラワーの花材や土台等も販売されている為、種類も多く自分好みのものが見つかります。

プリザーブドフラワーのパーツや種類は

プリザーブドフラワーには、いろんな種類のパーツがあります。
生花に比べると種類は多くないですが、昔に比べると種類や特に色合いは豊富になりました。
例えば、バラ等も生花では作れない青色の物や、黒色といったものもプリザーブドフラワーでは味わう事ができます。
そして、ガーベラやヒマワリ等の一見花びらがすぐに取れそうなお花もプリザーブドフラワーでありますので、アレンジメントに使うと明るくなり、メインとして使うとお子様も喜びます。
カーネーションや菊等の花材もあり、カーネーションは特に母の日にプリザーブドフラワーには欠かせない花材になりますので、この時期は在庫がすぐなくなり、購入が難しくなります。
他にかすみ草等の小花もあります。
かすみ草は生花では白色ですが、ブルーやピンク等の可愛い色の物もあれば、ラメ付きのキラキラした華やかな物もあります。
いろんなパーツがありますので、どういった物を作りたいか決めておくといいです。