プリザーブドフラワーをもっと知ろう

誕生日に贈りたいプリザーブドフラワー

誕生日に贈りたいプリザーブドフラワー お花を贈る時に枯れなくて、ずっと手元に残しておけるプリザーブドフラワーが一つの選択肢としての存在感を増しています。
生きている花と違ってしおれないですし、後始末もしなくていいのでもらった側も楽だという利点もあります。
ギフトでも重宝しますが、そのかわいらしさから自分用に買う愛好家もいるくらいです。
プリザーブドフラワーは特殊な加工をしている分値段は小さな花束でもやや高めです。
値段が高いことから欲しくても躊躇している人もいるかもしれません。
高いと手が出せない場合は一輪だけをケースに収めた可愛らしいタイプがおすすめですし、入門用にもぴったりです。
プリザーブドフラワーを扱っているお店なら、必ずと言っていいほどおいているのが小さなケースの中にバラが一輪だけ入っているリーズナブルなタイプのシリーズです。
一輪のバラの周りにはカスミソウなどが添えられている場合もあります。
バラは誕生石の色に合わせて12色ずつ用意されているので誕生日プレゼントにも最適です。
そのまま贈っても喜ばれるのですが、オプションで花びらにクリスタルを追加してキラキラさせたり、ケースにメッセージや刻印を入れることも可能です。
ますます素敵な贈り物になりますね。

プリザーブドフラワーは結婚祝いの贈答用にぴったり

プリザーブドフラワーは結婚祝いの贈答用に渡しても喜ばれます。
色々な花が使われていますが、バラそのものに夢や愛といった意味がありますから、バラを使ったものが多い特徴があります。
華麗で繊細な造形は特に女性に喜ばれますよ。
結婚祝いにプリザーブドフラワーを贈るなら花言葉にも意識して選んでみましょう。
例えば青いバラは不可能のシンボルとされていましたが、現実に作られるようになってからは「奇跡」や「夢は叶う」といったものに変わったとされています。
恋愛が成就した二人にジャストですね。
虹色のバラの場合も「無限の可能性」などの花言葉がありますが、こちらもこれから二人で人生を切り開いていく新婚夫婦に合っていますね。
どちらも生花だととても高額なのですが、プリザーブドフラワーならまだまだそこまで高くはありません。
結婚祝い用の贈答として、注目したいもう一つのポイントはお花が入っている容器です。
容器自体のデザインのきれいなものが多めですが、シンデレラのガラスの靴の形をした中に小さなバラを盛りつけたり、カボチャの馬車をかたどったものの中に花が敷き詰めてあったりなど、おとぎ話のモチーフを活かしたものが人気がありますよ。

プリザーブドフラワー関連サイト

プリザーブドフラワーのギフト通販専門店

プリザーブドフラワー